CDと本の仕入れ基準は同じかい? - せどりで自由になる!退社後ニートの奮闘記、の夢のあと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓人気ブロガーの情報をゲットしよう
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ人気ブログランキングへ

CDと本の仕入れ基準は同じかい?

自分は単Cの本ばかりを最初に見るんだけど、

単Cというのはライバルが多いのかなんなのか?

おいしいものが少なくって、
CDにいくとサクッとせどれるのだけど、

同じようなランク基準で仕入れていると

売れ行きにだいぶ差が出てきているなぁというのが感想。

本ばっかり売れるがCDは売れていかない。

全く売れないというわけではないけど、

本が5冊売れたらCD1枚売れる、みたいな。
「せどり 売れない」というキーワードで探してみたら、

「だんだんとCDは売れなくなってきてるような気がする」

という意見や「まだまだいける」と賛否両論で全く役に立たん 笑
意外に思ったのが

「CD 雑誌はクソだけど漫画 ゲームは好調」

.という意見。漫画やゲームはリサーチ必須だと思うから

狙ってみるのもありかもしれない。

売れそうなのも少なくて逆にみんな手を付けなそうだし。
本とCDのランクは同じように考えてたら痛い目を見るらしいが、

具体的な数値が欲しいところ。

1万位以内なら買いで10万位が次のラインだという記事も見た。

自分は「本は30万位以内ならOK」という情報を元に

30万位以下を狙っているのだが、CDはもっと厳しくしていっても

いいのかもしれない。

ただせどりの眼の中ではもっとランク甘かったし、

あんまり厳しすぎて仕入れが出来なくなるとこれは困りますしね。



↓人気ブロガーの情報をゲットしよう
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ人気ブログランキングへ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://hongyousedori.blog.fc2.com/tb.php/31-da7013b9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。